広域のニュース

東北のガソリン 6ヵ月ぶり高値

 資源エネルギー庁が8日発表した6日現在の東北のガソリン価格は、レギュラー1リットル当たり平均小売価格が前週比で3円90銭高い122円60銭だった。値上がりは6週連続で6カ月ぶりの高値水準となった。
 全国平均は2円60銭高い122円50銭で13週連続の上昇。46都道府県で値上がりし、上昇幅は宮城の5円80銭が全国で最大。福島の5円40銭、青森の5円ちょうどが続いた。値下がりは滋賀のみで、横ばいはなかった。石油情報センターによると、原油価格の上昇で卸価格が大幅に引き上げられた。次週は小幅な値上がりを見込む。
 東北のハイオクは3円90銭高い133円50銭、軽油は3円10銭高い102円90銭。灯油18リットルは店頭が27円高い1025円、配達が24円高い1163円だった。


関連ページ: 広域 経済

2016年06月09日木曜日


先頭に戻る