宮城のニュース

<日本IBM>仙台に技術系拠点

 日本IBM(東京)が、企業向け情報システムの構築や運用を担うグローバル・テクノロジー・サービス(GTS)事業の国内拠点を仙台市に開設することが9日、分かった。
 開設の時期や場所など詳細は、市役所で14日に開かれる立地表明式でGTS事業本部長のヴィヴェック・マハジャン取締役専務執行役員が説明する。
 GTSは日本IBMの中核事業。同社は市内に営業部門などの事業所を既に構えているが、新拠点は「クライアント・イノベーション・センター」の名称で技術系の業務を担うという。


関連ページ: 宮城 経済

2016年06月10日金曜日


先頭に戻る