宮城のニュース

<楽天>若ワシ跳んだ オコエ勝ち越し犠打

5回東北楽天無死一、三塁、オコエが右犠飛を放ち2−1と勝ち越す(坂本秀明撮影)

 最下位に沈むチームを活性化させたのは若ワシの存在だった。この日は刺激に終わらず、勝利をもぎ取る働きだった。
 全3得点をたたき出したのは下位打線に並んだ高卒3年目の内田靖人、新人の足立祐一とオコエ瑠偉。「打ててうれしい」。共にプロ初の適時打を放った内田と足立は、初のお立ち台で晴れやかな笑顔を見せた。
 1点を追う五回無死二、三塁、足立は低めの変化球を中前へ運んだ。交流戦はここまで打率5分6厘と打てていなかったが「当てにいかず、自分の形で振ることを意識した」。続くオコエも「とにかく強い打球を打とうとフルスイングした」。右犠飛となり、新人コンビで逆転した。
 六回は、2季ぶりに1軍昇格した内田が2死一、三塁から値千金の左前打。「礒部(公一)コーチから初球を打てと言われた。自分もそのつもりだった」。3番手松岡健一の代わりばなの速球を積極的にはじき返した。
 3人に共通したのは思い切りの良さ。「どうしてもミスは出るが、それに甘えて成長はない。1軍でいる以上、出されたところで仕事をしたい」と新人最年長26歳の足立。前夜は大敗に怒り心頭だった梨田昌孝監督も「中堅、ベテランに頑張らなくては、と思わせる活躍だった」と若手に目を細めた。(佐藤理史)


2016年06月10日金曜日


先頭に戻る