宮城のニュース

<仙台市議会>議論、スマホで生中継

スマートフォンでも視聴可能になった仙台市議会の生中継

 仙台市議会のインターネット議会中継がスマートフォンやタブレット端末でも視聴可能になり、10日開会した6月定例会から本会議などの生中継が始まった。これまではパソコンのみだったが、より多くの市民が議論を見られるようにシステムを改良した。
 10日は午後1時からの本会議が初めてスマホで生中継され、奥山恵美子市長が議案の提出理由を説明する様子などがリアルタイムで確認できた。映像の乱れなどもなかった。
 録画中継も今月からスマホなどに対応。2014年以降の本会議の代表質疑と一般質問のほか、予決算を審査する二つの特別委員会の映像を議員名や会派名で検索して見られる。
 市議会の鎌田城行広報委員長は「今後も市民の期待に応える開かれた議会を目指す」と話した。市議会はネットの録画中継を00年、生中継を06年に始めた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年06月11日土曜日


先頭に戻る