宮城のニュース

<春季東北高校野球>東北、東陵が4強入り

東北−九里学園 2回裏東北1死二塁、千葉隆が右前に適時打を放ち、1−1の同点とする。投手斎藤=花巻

 第3日は11日、花巻市の花巻球場などで準々決勝が行われ、東北(宮城2)が九里学園(山形3)に4−3でサヨナラ勝ち。東陵(宮城1)も八戸工大一(青森3)に4−2で競り勝ち、共に4強入りした。
 東北は一回に犠飛で1点を先制されたが、二回に1死二塁から千葉驍フ右前適時打で同点とした。その後も2度勝ち越されながら、追い付く粘りを発揮。3−3で迎えた九回、1死満塁から渡辺が右中間に適時打を放った。
 東陵は2−2の六回、小畑の中越え三塁打と四球で無死一、三塁とし、伊藤の左犠飛で1点を勝ち越した。さらに連打で1死満塁と攻め、津田のスクイズで1点を追加。先発加藤が終盤を無得点に抑えた。

 ▽準々決勝
九里学園(山形) 101000100 =3
東北(宮城)   010100101×=4

八戸工大一(青森) 002000000=2
東陵(宮城)    00200200×=4


2016年06月11日土曜日


先頭に戻る