広域のニュース

<春季東北高校野球>宮城勢3校8強入り

八戸西−仙台育英 7回表仙台育英無死満塁、佐藤が右中間に走者一掃の三塁打を放ち、8−5と勝ち越す
一関学院−東北 一関学院打線に10安打を許しながらも1失点完投した東北の渡辺

 第2日は10日、岩手県盛岡市の岩手県営野球場と花巻市の花巻球場で2回戦計6試合があり、八戸工大一(青森3)、東陵(宮城1)、東北(宮城2)、九里学園(山形3)、明桜(秋田2)、仙台育英(宮城3)が準々決勝進出を決めた。
 八戸工大一は、光南(福島1)の追い上げをかわし8−5で勝った。東陵は中盤に逆転し、5−4で弘前学院聖愛(青森2)を退けた。東北は終盤に勝ち越し、4−1で一関学院(岩手1)を下した。九里学園は投打がかみ合い、5−1で磐城(福島2)に快勝。明桜は18−12で東海大山形(山形2)との打撃戦を制した。仙台育英は七回に5点を奪い、八戸西(青森1)に逆転勝ちした。
 第3日の11日は両球場で準々決勝4試合が行われる。

<きのうの結果>
 ▽2回戦
八戸工大一(青森3) 8−5 光南(福島1)
東陵(宮城1)    5−4 弘前学院聖愛(青森2)
東北(宮城2)    4−1 一関学院(岩手1)
九里学園(山形3)  5−1 磐城(福島2)
明桜(秋田2)   18−12 東海大山形(山形2)
仙台育英(宮城3)  9−5 八戸西(青森1)

<きょうの試合>
 ▽準々決勝(岩手県営)
八戸工大一(青森3) − 東陵(宮城1)  10時
聖光学院(福島3)  − 花巻東(岩手2) 12時30分

 ▽同(花巻)
東北(宮城2) − 九里学園(山形3) 10時
明桜(秋田2) − 仙台育英(宮城3) 12時30分

◎仙台育英打ち勝つ

 ▽2回戦(岩手県営)
仙台育英(宮城)
   210001500=9
   100004000=5
八戸西(青森)

 【評】仙台育英が打ち勝った。4−5の七回無死一、三塁から敵失で追い付き、さらに無死満塁で佐藤が勝ち越しの3点三塁打を放った。八戸西は六回に4点を奪って一時逆転したが、七回以降は抑え込まれた。

 <7回お目覚め、5短長打で5得点>
 仙台育英打線が、六回に逆転を許した直後の七回に目覚めた。4−5から5短長打を集めて5得点と爆発。佐々木監督は「気持ちを切り替え、割り切ってバットを(迷いなく)振った結果」と話した。
 序盤に3得点したが、五回は中軸が3者連続で見逃し三振。六回に1点を挙げたものの、先発鈴木が2点本塁打を浴びて流れを手放し、逆転された。
 七回は初球からの積極的な打撃を合言葉に、中軸などの連打や敵失で大量点に結び付けた。勝ち越しの3点三塁打を放った佐藤は「嫌な流れを絶ちたかった。打線の調子を上げて勝っていきたい」と意気込んだ。

◎東陵が逆転接戦を制す

 ▽2回戦(花巻)
東陵(宮城)
   000130010=5
   101000020=4
弘前学院聖愛(青森)

 【評】東陵が中盤に逆転し、接戦を制した。1−2の五回、2死満塁から小畑、菅原の連打で3点を奪い、八回は1点を追加。主戦八鍬は4失点完投。弘前学院聖愛は八回に1点差に迫ったが、反撃が遅かった。

 <勝負強さ発揮しリベンジ>
 東陵は中軸が勝負強さを発揮し、五回に3番小畑、4番菅原主将の連打で3得点。千葉監督は「よく打ってくれた」と喜んだ。
 弘前学院聖愛は2年前の秋の東北大会でコールド負けした相手。当時1年生で出場していた小畑は「過去のこと」としながらも「結果的にリベンジできたのはうれしい」と誇らしげだ。
 「絶対勝ちたかった」と言う菅原主将は3安打2打点。「県大会は調子を崩していたが、4番に座らせてもらっていた。少しはチームの役に立てて良かった」とほっとした表情だった。

◎東北終盤突き放す

 ▽2回戦(岩手県営)
一関学院(岩手)
   000001000=1
   10000021×=4
東北(宮城)

 【評】東北が終盤に突き放した。1−1の七回2死一、二塁から佐藤の左越え二塁打で2点を勝ち越し、八回は渡辺のソロ本塁打でダメを押した。渡辺は1失点完投。一関学院は10安打を放ちながら攻め切れなかった。

 <エース渡辺、投打に躍動>
 東北が昨秋の東北大会準々決勝で敗れた一関学院に雪辱。我妻監督は「絶対に勝つという気持ちで戦った。冬にやってきたことが正しかったことを証明できた」と選手をたたえた。
 投打にわたる立役者は1失点完投した主戦の渡辺。一回を3人で抑えると「気持ちが乗った」そうで、直後の攻撃で自ら先制の適時打。その後のマウンドでは再三走者を背負ったが、低めの直球がさえ、ピンチも三振などで切り抜けた。3−1の八回にはソロ本塁打を放ち、試合を決めた。
 左腕は準々決勝に向け「強豪相手に、ここぞというところで三振を取りにいきたい」と頼もしかった。


2016年06月11日土曜日


先頭に戻る