宮城のニュース

<ルビーマジック>宮城生まれのユリを販売

宮城オリジナル品種のルビーマジックを手にする買い物客

 宮城県が推奨する宮城オリジナルのユリ「ルビーマジック」の限定販売会が11日、石巻市の道の駅「上品の郷」農産物直売所で始まった。12日まで。
 石巻市内の生産者が栽培した切り花300本(1本255円、2本セット400円)と、ポット苗50株(1苗255円)を並べた。
 花びらの外側の色はクリムゾンレッド。花粉が出ず、微香性だという。プロ野球東北楽天のチームカラーと同じ色に興味を示し買い求める人もいた。2014年から生産する今野啓哉さん(57)は「球根が大きくなりやすく、育てやすい。この時期しか見られない花をぜひ購入してほしい」と話した。
 ルビーマジックは県農業・園芸総合研究所が開発し12年に品種登録。今年は県内27の生産者が計約1万本を栽培する。12日の販売は午前10時〜午後3時。売り切れ次第、終了する。


関連ページ: 宮城 経済

2016年06月12日日曜日


先頭に戻る