福島のニュース

<会津鉄道>ネコ駅長「ばす」しのび50日祭

ばすを埋葬したハナモモの木の前の祭壇で玉串をささげる関係者=5日午前11時半ごろ、会津若松市・芦ノ牧温泉駅
ネコの駅長「ばす」で知られる会津鉄道の芦ノ牧温泉駅(福島県会津若松市)の名誉駅長の「ばす」(右)と駅員見習いの子猫「らぶ」=2014年7月13日、福島県会津若松市の芦ノ牧温泉駅(会津鉄道提供)

 ◇…福島県会津若松市の会津鉄道芦ノ牧温泉駅の名誉駅長として親しまれた雌猫「ばす」が死んで50日を迎えるのに合わせ、同駅で5日、「50日祭」があった。
 ◇…ファンら約50人が参列。構内のハナモモの木の下に遺骨を埋葬した後、神事を行い、関係者が玉串をささげた。祭壇には好物だったカニかまぼこやクリーム、のりが供えられた。
 ◇…5月1日に社葬が営まれた後も、記帳に訪れる人が絶えない。大石直社長は「凜(りん)とした姿で働き、会津地域の発展に貢献してくれた」と労をねぎらった。(会津若松)

【関連写真特集】
▽<会津鉄道>名誉ネコ駅長「ばす」天国へ
http://photo.kahoku.co.jp/graph/2016/04/25/01_20160425_63005/001.html


関連ページ: 福島 社会

2016年06月12日日曜日


先頭に戻る