福島のニュース

甘酒やみそでコーシャ取得

コーシャ取得を畠副知事に報告する柳沼広呂人専務(左)と柳沼真行常務(右)

 郡山市の発酵食品製造「宝来屋本店」は甘酒やみそで、ユダヤ教徒向けの食品認証「コーシャ」を取得した。甘酒は全国初、みそは東北初の取得で、ユダヤ教徒が多い米国などへの輸出拡大の足掛かりにしたい考えだ。
 認証は5月3日付。主力の「冷やしあま酒」など甘酒6品と「100年伝承糀味噌(こうじみそ)」などみそ5品が対象。工場内の他食品の原材料や工程も審査されるため、一部商品の製造を外部委託したり添加物を基準に合うよう変更したりして、1年がかりで取得にこぎ着けた。
 柳沼広呂人専務と柳沼真行常務工場長が13日、福島県庁を訪れ、畠利行副知事に取得を報告。柳沼専務は「ユダヤ教徒のみならず、健康志向の強い欧米の消費者にもアピールできる。海外に向けて積極的に売り込みたい」と語った。


関連ページ: 福島 経済

2016年06月14日火曜日


先頭に戻る