宮城のニュース

<Eオフたいむ>父の日/真喜志康永コーチ/娘2人が贈り物

真喜志康永1軍内野守備走塁コーチ

 父の日は毎年、東京に住む長女(28)と次女(27)から連名でプレゼントをもらっています。ことしは19日ですが、10日に米ブランド「アバクロンビー・アンド・フィッチ」の白のポロシャツが送られてきました。「いつもありがとう」と書いた手紙も添えてありました。
 去年もちょうど娘が仕事でイタリアに行っていたので、現地で買ったポロシャツをもらいました。最近は服が多いですね。以前車にカーナビを付けていなくてよく道に迷っていた時は、しゃれで道路地図の本をもらったこともあります。
 よく同級生から「娘が小、中学生ぐらいになると服を一緒に洗うのを嫌がられる」と聞いたりしますが、うちは一切そういうのはなかったです。今でも娘たちが大阪府内の自宅に帰省すると、俺のTシャツや靴下をはいたりしていますよ。
 去年は自宅に帰ると、娘がお薦めの日焼け止めを置いてくれていたこともありました。妻からよく「お父さんは幸せやな」と言われます。


2016年06月14日火曜日


先頭に戻る