宮城のニュース

<参院選宮城>民進/政権打倒市民とも結束

郡和子県連幹事長

 参院選(7月10日投開票)は6月22日の公示が迫った。宮城選挙区(改選数1)は3氏が立候補を表明。公明、日本のこころ両党の推薦を受ける自民党現職と、共産、社民両党と野党共闘を組む民進党現職が激突する構図だ。県内の政党幹部に争点や戦略を聞いた。

◎民進・郡和子県連幹事長

 −3年半に及ぶ安倍政権への評価は。

 「個人消費、実質賃金ともに下がり、アベノミクスの失敗は誰の目にも明らかだ。金持ち優遇策を進めた結果、格差が拡大した。1強体制を許したわれわれ野党にも責任がある」

 −消費税引き上げの再延期を、どう受け止めるか。

 「今の経済状況では再延期は致し方ないが、2014年の衆院選で安倍首相は『再延期はない』と断言した。一国の首相の発言はこれほど軽かっただろうか」

 −今回、最大の争点は。

 「経済政策がせり出し、憲法改正や安全保障関連法を巡る議論が薄れている。アベノミクスを争点に仕立て、その後の国会で安保関連法を強行採決した前回衆院選の構図と全く同じだ。安倍首相の最大目標は憲法改正。これを何としても阻止しなければならない」

 −東日本大震災からの復旧復興策をどう進めるか。

 「現政権の中で、震災の風化が始まっているのは明らかだ。被災地は中小零細企業が多く、大企業を優先する経済政策の恩恵は乏しい。二重ローン問題、土地の利活用など国を挙げて取り組むべき課題は多い」

 −公認候補の桜井充氏は、全国の先駆けとなった野党共闘で戦いに挑む。

 「宮城は共産、社民両党と非常に良い関係を築いている。原発政策の温度差は否定しないが、立憲主義や平和憲法を守るという点で一致している。野合と批判されようとも、国の根幹を揺るがす安倍政権に歯止めをかけなければならない」

 −1議席を争う戦略は。

 「政策協定を結ぶ市民団体と一体となり、安倍政権打倒へのムーブメントを作る。今後は自民による業界団体への締め付けが厳しくなるだろう。野党共闘の結束力で立ち向かいたい」
(聞き手は報道部・桐生薫子)


2016年06月15日水曜日


先頭に戻る