福島のニュース

東北道にネット 接触の4台破損

 14日正午ごろ、福島県須賀川市吉美根の東北自動車道須賀川−郡山南インターチェンジ間の下り線で、走行中の大型トラックが東北道をまたぐ東北新幹線の高架橋下部から垂れ下がったネットに接触し、後続車を含む計4台のアンテナやミラーなどが破損した。けが人はなかった。
 JR東日本福島支店によると、ネットはナイロン製でコンクリート片の落下を防ぐため2007年5月に設置された。何らかの理由で破れ、50センチ〜1メートルほど垂れ下がったとみられる。昨年4月の点検時に異常はなかったという。


関連ページ: 福島 社会

2016年06月15日水曜日


先頭に戻る