宮城のニュース

<楽天>川井 粘投で5回2失点

巨人戦に先発した楽天・川井

 東北楽天の先発川井貴志は5回2失点の粘投。4回5失点と乱れた5月25日の前回登板の反省を生かし、「前回より球に力があった分、何とか2点で抑えられた。攻めるところは攻められた」と話した。
 序盤は制球に苦しんだが、徐々に低めを丁寧に突く持ち味を取り戻した。三回2死二塁から橋本到に先制2ランを浴びたものの、以降は要所を締めて無失点。5回57球でマウンドを降り、救援陣につないだ。
 梨田昌孝監督は「十分な内容」と評価。ベテラン左腕は「野手に助けられたり、ラッキーな場面もあったりしたので、今度はそうならないよう調整したい」と次回を見据えた。


2016年06月16日木曜日


先頭に戻る