宮城のニュース

<楽天>攻守にミス みすみす勝利逃す

9回、巨人・村田にサヨナラ打を浴び、ぼうぜんとする楽天・青山

 同点で迎えた九回2死一、二塁、東北楽天の3番手青山浩二が力尽きた。村田修一に左前へはじき返され、サヨナラ負け。「何でスライダーなんだ。いい年なんだから、もう少し頭を使わんと」。視察に訪れた星野仙一球団副会長は、監督時代をほうふつとさせる怒声を上げた。
 八回から続投したこの回、「先頭を出したのがいけない。しょうもない投球をした」と青山。犠打で二進を許し、2死後、阿部慎之助を迎える。2球目までは攻めにいったが、カウントを悪くし、ベンチは右打者の村田との勝負を選んだ。
 村田には外角へスライダーを多投し、最後は3ボール1ストライクから5球目を捉えられた。外角低めに制球されていたが、しっかりと踏み込まれた。小関翔太は「内角に1球見せておけば違ったはず。僕の配球ミス」と弱々しく語った。
 攻撃もまずかった。七回は先頭が出たが、牧田明久は犠打で送れない。追い込まれて強攻し、三ゴロ併殺に。「一番悪い形になった」と梨田昌孝監督。勝利した前日も犠打は4度とも失敗。仁村ヘッドコーチは「負ける時はこういうもの。(失敗が)伝染しないようにしないと」と引き締めを図る。
 攻守にミスが出て今季初の4連勝は夢と消えた。(佐藤理史)


2016年06月16日木曜日


先頭に戻る