広域のニュース

北海道・函館で震度6弱 M5.3

 16日午後2時21分ごろ、北海道函館市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は北海道・渡島半島の東側にある内浦湾で、震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・3と推定される。この地震による津波はなかった。
 北海道や北海道警などによると、大きな被害の情報はない。北海道の泊原発や青森県の東通原発に異常はなかった。函館空港や北海道新幹線、在来線は通常通り運行。
 政府は首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置し、情報収集に当たった。
 函館市の病院によると、市内の老人ホームで、地震で落ちた物が頭に当たり80代の女性が軽傷を負った。

 各地の震度は次の通り。
▽震度6弱=函館川汲(北海道)
▽震度5弱=函館泊(北海道)
▽震度4=函館尾札部、函館新浜、函館日ノ浜、七飯本町、鹿部(北海道)大間、風間浦(青森)
▽震度3=函館(北海道)東通(青森)など
▽震度2=室蘭、登別、森(北海道)青森、五所川原、むつ、五戸(青森)など
▽震度1=小樽、千歳、松前、江差、奥尻、☆(人ベンに貝の目が組のツクリ)知安、岩内、浦河(北海道)弘前、八戸、深浦、大鰐、六ケ所(青森)久慈、二戸(岩手)能代(秋田)など


関連ページ: 広域 社会

2016年06月16日木曜日


先頭に戻る