広域のニュース

<Bリーグ>成功を誓う 36クラブ決起会

B1仙台の中村社長(前列左から2人目)秋田の水野社長(同3人目)ら36クラブの代表者らが集まった決起会

 バスケットボール男子のBリーグは16日、1、2部の全36クラブの代表者らを集めた決起会を東京都内のホテルで開き、リーグの成功を誓い合った。
 日本バスケットボール協会の川淵三郎会長は「初年度は全てのアリーナで毎試合が満員になるぐらいを目指そう。これぐらいでいいという気持ちでは絶対に成功しない」とあいさつした。
 ヤマザキナビスコ・カップを先行実施した上で1993年に開幕したサッカーのJリーグと比較し「Bリーグは短期間に認知させる必要がある。まず3年間、死ぬ気でチケットを売りまくろう」と強調した。
 出席したB1仙台の中村彰久社長は「東北全体をバスケで染めるつもりで臨む」と気合を入れ、B1秋田の水野勇気社長は「Jリーグの鹿島や浦和のような存在感をリーグ内で発揮したい」と意気込んだ。


2016年06月17日金曜日


先頭に戻る