宮城のニュース

<ふるさと納税>角田市、家電返礼品取りやめ

 宮城県角田市は、ふるさと納税の返礼品のうち、オーブンレンジや軽量掃除機など家電製品を7月1日以降取りやめることを決めた。金券や家電など換金しやすい返礼品の見直しを求めた総務省の通知を踏まえた。
 取りやめるのは、市内に工場があるアイリスオーヤマの家電7製品。2015年12月に返礼品として追加したところ、15年度の納税額は1億627万円で14年度(294万円)の36倍に上った。
 市は16年度当初予算で、ふるさと納税の収入を1億円と見込んでいた。収入減が予想され、財政課は「16年度創設の企業版ふるさと納税を取り込み、1億円をクリアしたい」と話す。
 今後、返礼品の内容は従来の米、梅干しや地ビールなどの農産物を拡充するとともに、マットレスなどアイリスオーヤマの生活用品を追加する。防災用品も対象にする方針。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年06月18日土曜日


先頭に戻る