岩手のニュース

<日通>釜石北IC近くに新支店

 国内物流最大手の日本通運(東京)が、岩手県釜石市片岸町の三陸沿岸道路釜石北インターチェンジ(IC)近くに営業倉庫を備えた新支店を開設することが17日、分かった。同市の内陸部にある釜石支店を移転する。コンテナ取扱量が急増する釜石港から約7キロの地点にあり、増加が見込まれる貨物の輸送需要を取り込む。
 新支店は、世界有数の太陽光パネル製造販売会社トリナ・ソーラー(中国)が建設した国内初の物流施設の一部を借りる。倉庫部分の延べ床面積は約1130平方メートルで、7月に営業を開始する。
 新支店の隣接地では、物流他社の配送センターが今年3月に稼働。三陸沿岸道路と東北横断道釜石秋田線は2018年度に市内で結節する。釜石港には本年度、荷役能力の高いガントリークレーン設置が決まるなど、同市の物流拠点化が加速している。
 同港の15年のコンテナ取扱量は、前年比約1.7倍の4420個(20フィート換算)で県内最高を更新した。17年度中に中国、韓国と結ぶ国際コンテナ定期航路が開設される予定で、市は1万個を目標にポートセールスに力を入れる。
 日本通運盛岡支店は「釜石は今後、自動車関連産業が集積する北上市とのアクセスが向上し、物流拠点として発展性がある。コンテナ貨物の内陸部への輸送や一時保管依頼も増えるはずだ」と説明する。


関連ページ: 岩手 経済

2016年06月18日土曜日


先頭に戻る