秋田のニュース

<参院選秋田>応援で県議2人が議会を欠席早退

 自民党の秋田県議2人が参院選立候補予定者の応援などのために県議会の委員会などを欠席、早退していたことが分かり、17日の議会運営委員会で取り上げられた。
 問題となったのは、小松隆明、鶴田有司両県議。党県連幹事長の小松県議は10日、党比例代表候補予定者の集会に参加するため予算特別委員会の分科会を欠席。県連選対局長の鶴田県議は15日、横手市での安倍首相の演説で司会をするために予算特別委を早退した。
 県議会では2014年の衆院選で同様の問題があったため、各会派が「県議会優先」を申し合わせている。他会派から再発防止を求める意見が出され、「選挙応援のために本会議や委員会を早退、欠席してはならない」という渋谷正敏議長名の文書を全43議員に通達することでまとまった。


2016年06月18日土曜日


先頭に戻る