秋田のニュース

<鹿角クマ襲撃>現場付近の道路 入山自粛の検問

 秋田県鹿角市十和田大湯の山林でタケノコ採りの男女4人がクマに襲われて死亡したとみられる事故を受け、秋田県警などは18、19の両日、事故現場付近の道路で検問に当たり、入山自粛を呼び掛ける。応じない場合は軽犯罪法違反の適用も視野に入れて指導する。
 県警によると、検問は両日とも午前5時〜正午ごろに実施。県警は機動隊員ら約40人態勢で、県や鹿角市、猟友会も協力する。現場付近は市が通行止めにしているが、無視して入山する人が後を絶たないという。


関連ページ: 秋田 社会

2016年06月18日土曜日


先頭に戻る