山形のニュース

高齢者の免許返納 「交番でもOK」で加速

 高齢者らの交通事故を減らそうと、山形県警が全国に先駆けて始めた交番と駐在所での運転免許自主返納の受け付け数が、3月の開始から5月末までで58人に上った。17日の県議会文教公安常任委員会で県警が報告した。
 交番、駐在所で受け付けた58人の大半は65歳以上の高齢者だった。
 新たに自主返納の窓口に加わったのは、県内に149カ所ある交番と駐在所。従来は県内14警察署と県総合交通安全センター(天童市)でしか受け付けなかった。
 山形県内で今年、5月末までに運転免許を返納した人は1260人。返納窓口の増加もあり、前年同期より212人増えた。県警運転免許課は「交番や駐在所は家から近くて行きやすいと好評。自主返納促進に一定の効果が出ている」と分析している。
 県警は3月、県総合交通安全センターと各署での家族らによる自主返納代理申請、同センターでの日曜日の申請受け付けも始めた。そちらも滑り出しは順調で、受け付けた数は3カ月間でそれぞれ62人と24人。


関連ページ: 山形 社会

2016年06月18日土曜日


先頭に戻る