福島のニュース

<避難解除>飯舘村17年3月31日で決定

 政府は17日の原子力災害対策本部会議で、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県飯舘村の避難指示を、一部を除き2017年3月31日に解除することを正式決定した。
 居住制限と避難指示解除準備の両区域の1770世帯5917人(5月末現在)が対象。帰還困難区域の長泥地区(75世帯268人)は含まれない。
 政府は7月1日、帰還に向けた「長期宿泊」を始める。従来の準備宿泊と異なり、3カ月ごとの延長更新はなく、村内での住民以外の事業開始も村の判断で許可できる。
 長泥地区など帰還困難区域は、政府が今夏にも見直す方針を示している。


2016年06月18日土曜日


先頭に戻る