福島のニュース

<炉心溶融使うな>官邸指示?枝野氏が反論

記者団を前に報告書内容を否定する枝野氏=17日午後6時ごろ、福島市

 東京電力福島第1原発事故で、当時の首相官邸が「炉心溶融(メルトダウン)」の言葉を使わないよう東電に指示したと推認されるとした東電の第三者検証委員会の報告書を巡り、当時官房長官だった民進党の枝野幸男幹事長は17日、報告書の内容に強く反発した。参院選応援で訪れた福島市で「指示したことはない」と関与を全面否定した。

 枝野氏は記者団に対し「(報告書で)東電社長と面談したとされる3時間前、(官邸での)記者会見で炉心溶融の可能性に言及した。(その後に使うなと指示する)こんな矛盾はない」と強調。検証委は東電関係者への聞き取りしか行っていないとし「独立性に疑義がある」とした。
 枝野氏は「東電や検証委の弁護士に対して法的措置も含めた対応に着手する」と説明。「恣意(しい)的な報告は選挙妨害の疑いがある」と語った。その後の演説会では「事実と違う話を認めるわけにはいかない」と訴えた。
 一方、自民党福島県連は当時首相だった菅直人氏と東電に対し、真実を明らかにするよう申し入れた。
 根本匠会長(衆院福島2区)と吉田栄光幹事長が東電本店などを訪問。議員会館で菅氏と会った吉田氏は福島市内で記者会見し「東電と当時の政権の見解に食い違いがある。県民を翻弄(ほんろう)しないで真実を明らかにしてほしい」と語った。
 東電は17日、担当者が福島県庁を訪れ、報告書を説明した。応対した県原子力安全対策課の菅野信志課長は「(炉心溶融など)都合の悪い言葉を使わない会社としての体質があったと言わざるを得ない」と批判。会社として継続的に事実解明に取り組むよう求めた。
 内堀雅雄知事は「重大な情報が社長の指示で公表されなかったことは県民の気持ちを無視しており、極めて遺憾だ」とのコメントを出した。


2016年06月18日土曜日


先頭に戻る