宮城のニュース

ライオンがぶっ!ズージーンズ販売へ

試作会でブイに巻き付いたデニム生地を引っ張って遊ぶライオン

 仙台市八木山動物公園と仙台ロフト、東北学院大は共同で、ライオンの爪痕などを生かしたダメージジーンズ「ZOO JEANS(ズージーンズ)」を制作販売する。
 ズージーンズは、動物の遊具にデニム生地を巻き付け、遊んでいる時に付いた歯や爪の痕をデザインとして生かす。
 今回は約10本の製品化を目指し、完成したジーンズをロフトのネットストアで8月に販売する。
 収益全額を八木山動物公園に寄付する。価格は未定。
 17日の試作会では、ライオン2頭が展示されている獣舎に、デニム生地を巻き付けた流木やブイを設置。2頭は初めて見る遊具に興味津々の様子で、生地をかんだり引っ張ったりして遊んでいた。
 25、26の両日、午後1時からライオンが遊びながら生地にダメージ加工を施す様子を公開する。連絡先は仙台ロフト022(224)6210。


関連ページ: 宮城 経済

2016年06月20日月曜日


先頭に戻る