宮城のニュース

<18歳選挙権>多賀城市選管 投票呼び掛け

学生に投票を呼び掛ける市選管スタッフ

 参院選の公示を前に宮城県多賀城市選管は20日、同市の東北学院大多賀城キャンパスで、同大工学部の学生を対象に啓発活動を行った。
 選挙権年齢の引き下げで学生の大多数が投票できるようになったため、投票率の向上につなげようと初めて実施した。市選管の臨時職員8人が投票手順などを記したチラシ入りのティッシュを学生に配り、投票を呼び掛けた。
 市選管の今野淳事務局長は「学生は市内在住とは限らないが、それぞれ新たに得られた権利を生かしてほしい」と話した。市選管は市内の18〜20歳の有権者約1800人に送付した投票所入場券入りの封書に、投票を呼び掛けるチラシを同封した。


2016年06月21日火曜日


先頭に戻る