宮城のニュース

<大河原町長選>前町長の斎氏、出馬へ

斎 清志氏

 任期満了に伴う宮城県大河原町長選(10月11日告示、16日投開票)で、前町長の斎清志氏(62)が20日、通算3期目を目指し無所属で立候補する意思を固めた。正式な立候補表明時期は後援会と協議して決める。
 河北新報社の取材に対し斎氏は「町政が停滞している。地域経済活性化に向け手を打っていないし、広域連携も進んでいない」と強調。町のブランド化や住民が健康で長生きできる地域づくりに取り組む考えを示し、「明るく元気なまちを取り戻したい」と述べた。
 斎氏は大河原町出身、東京薬科大卒。薬局経営、町内の大型商業施設フォルテの運営会社社長を経て2004年町長選で初当選、3選が懸かった12年町長選で落選した。
 次期町長選では、現職の伊勢敏氏(67)が再選を目指し立候補を表明した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年06月21日火曜日


先頭に戻る