宮城のニュース

辞職勧告の市議 一般質問に過半数退席

 宮城県気仙沼市議会6月定例会は20日、飲酒運転疑惑で辞職勧告決議を受けた熊谷雅裕議員(64)が一般質問に立った際に出席議員23人中15人が退席し、中断する騒ぎがあった。
 熊谷氏は防潮堤建設の在り方などをただす予定だった。本会議は定数24の半数以上の出席が必要なため中断し、熊谷氏は質問を取り下げた。同様の事態は昨年の12月定例会でもあった。
 質問の直前に出席議員から熊谷氏に弁明を求める動議が出され、熊谷氏に発言が認められたが疑惑を晴らす説明はなかった。市議会は14年10月、熊谷氏が同年6月に飲酒運転をした疑いが強いとして辞職勧告決議案を可決した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年06月21日火曜日


先頭に戻る