岩手のニュース

教科書閲覧で28人処分 岩手県

 2009〜14年度に教科書会社が検定中の教科書を教員に見せていた問題で、岩手県教委は20日、教科書会社から謝礼を受け取った小中学校教員41人のうち、退職者を除く28人を処分したと発表した。教科書採択の判断に関する資料作成の調査員だった県南教育事務所管内の校長1人を訓告とし、27人を厳重注意とした。教科書会社3社から4000〜2万円の現金や図書カードを受け取っていた。


関連ページ: 岩手 社会

2016年06月21日火曜日


先頭に戻る