山形のニュース

<参院選山形>TPP是非など公開討論

 参院選山形選挙区(改選数1)の立候補予定者3人による公開討論会が20日、山形市の山形ビッグウイングであり、自民党新人の月野薫(61)、無所属で元議員の舟山康江(50)、幸福実現党新人の城取良太(39)の3氏が四つのテーマごとに政策や持論を展開した。
 日本青年会議所山形ブロックの主催で約100人が参加した。環太平洋連携協定(TPP)について、月野氏は「反対を唱えるだけでは農業は良くならない。現場の声を政治に届けて対応策を考えることが大事だ」と主張。舟山氏は「TPPにより関税が撤廃されると農村への打撃は計り知れず、地域社会を維持できない」と反対を訴えた。


2016年06月21日火曜日


先頭に戻る