広域のニュース

<参院選東北>18人立候補へ 与野党6県で激突

 参院選(7月10日投開票)は22日、公示される。東北6選挙区には改選数6に対し、現職6人、元議員2人、新人10人の計18人が立候補を予定。全選挙区で自民、公明の与党と野党統一候補による事実上の一騎打ちとなる。安倍政権の経済政策「アベノミクス」への評価を軸に憲法改正の是非、消費税率10%への引き上げ再延期、東日本大震災からの復興政策などを巡って舌戦が展開される。
 東北の立候補予定者の党派別は自民6人、民進4人、諸派6人、無所属2人。野党が候補者を一本化したことで、総数は2010年(29人)、2013年(31人)を大幅に下回る。
 改選数が2から1に減り、現職同士が生き残りを懸ける宮城、福島両選挙区は全国屈指の激戦区として勝敗の行方が注目を集める。
 宮城は再選を目指す自民と、4選を狙う民進の両現職が激しい戦いを繰り広げる。福島は4選に挑む自民の閣僚と、3選を期す民進の両現職がぶつかる。
 青森は4選を目指す自民現職に民進新人が挑む。岩手は自民、無所属の新人同士による争い。秋田は再選を狙う自民現職と民進元議員、山形は自民新人と無所属元議員が議席を争う。
 幸福実現党は全選挙区に新人を立てる。


2016年06月21日火曜日


先頭に戻る