宮城のニュース

<ドーミーイン>仙台港近くにホテルと温泉

6階建てのホテル(左)と、隣接する温泉施設の完成予想図

 ビジネスホテルチェーンのドーミーインを運営する共立メンテナンス(東京)は、仙台市宮城野区中野3丁目の仙台港背後地にホテルと温泉施設を建設する。来年6月のオープンを目指す。
 敷地面積は約1万600平方メートル。ホテルは6階建てで客室数は193。隣接する温泉施設は2階建てで、大浴場や露天風呂、レストランなどを備える。両施設の延べ床面積は計約6700平方メートル。
 建設業の橋本店(仙台市)の土地を共立メンテナンスが借りて建設する。設計と施工は橋本店。ホテル棟はユニット工法を採用し、建設工期を6カ月短縮した。
 ドーミーインはこれまで、都市型ホテルが中心だった。共立メンテナンスの石塚晴久会長は「郊外型は初挑戦だが、アウトレットモールや水族館などさまざまな施設があって需要は多い。いい施設を造って地域に貢献したい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2016年06月22日水曜日


先頭に戻る