宮城のニュース

<楽天>銀次1軍合流 リーグ戦へ全体練習

1軍に合流し、打撃練習する銀次(左)。右奥は後藤光尊

 東北楽天は21日、仙台市のコボスタ宮城で全体練習を行い、24日のソフトバンク戦から再開されるリーグ戦に向けて調整した。
 チームは19日に交流戦の全試合を終え、20日は休養に充てた。最終カードのDeNA戦に3連勝し、交流戦を11勝7敗と勝ち越した。勢いに乗り、リーグ戦5位からの巻き返しを図る。
 練習には打撃不振で再調整していた銀次内野手が合流した。
 梨田昌孝監督は「精神的にリフレッシュできただろう。試合でいかに結果を出すか」と期待した。その上で「交流戦は若手がいい働きをした。(チーム内で)いい競争をしてほしい」と語った。


2016年06月22日水曜日


先頭に戻る