宮城のニュース

<参院選公示>宮城2現職 サバイバル舌戦

大勢の支持者が集まった立候補者の第一声=22日午前10時20分ごろ、石巻市の石巻魚市場前

 参院選(7月10日投開票)が22日公示され、18日間にわたる熱戦の火ぶたが切られた。改選数が2から1に減る宮城選挙区は、再選を目指す自民党現職の熊谷大氏(41)と4選を期す民進党現職の桜井充氏(60)が、バッジを懸けて争うサバイバルの構図。安倍政権の経済政策アベノミクスや野党共闘を巡り、初日から激しい舌戦を繰り広げた。
 熊谷氏は石巻市の石巻魚市場前で第一声。沿岸被災地を回り、夕方には仙台市中心部に入った。稲田朋美党政調会長や県選出国会議員らと街頭に立ち、帰宅途中のサラリーマンにアベノミクスの成果を訴えた。
 青葉区の藤崎ファーストタワー館前で熊谷氏は「労働組合の方々もアベノミクスで給料やボーナスが上がったことを認識している。政策の継続が復興につながる」と呼び掛けた。
 応援に駆け付けた国会議員は野党共闘への批判を強めた。党県連会長の伊藤信太郎衆院議員(宮城4区)は「国家観が全く違う政党が選挙のためだけに組むのは邪道だ」、秋葉賢也衆院議員(宮城2区)は「共産党が推す候補者には負けられない」と語気を強めた。
 熊谷氏を推薦する公明党県本部の庄子賢一代表は「不安をあおり注意を引きつける野党の手法は政治ではない」と畳み掛けた。
 桜井氏は青葉区の勾当台公園で第一声を上げ、アベノミクスを痛烈に批判した。「宮城に恩恵はない。反対に物価上昇などの副作用に苦しんでいる。安倍首相を政権から引きずり降ろす」と声を振り絞った。
 安住淳党県連代表は「安倍首相は『民進候補にはもれなく共産が付いてくる』と批判するが、市民団体や業界団体、農家も付いている」と皮肉った。
 第一声には、安全保障関連法を旗印に結集した共産、社民両党の県組織幹部や地方議員も集結した。
 共産党県委員会の中島康博委員長は「安倍首相は憲法改正に動きだす。独裁政治か民主主義かを選択する選挙だ」と声を張り上げ、社民党県連の岸田清実代表は「安倍政権に歯止めをかける」と意気込んだ。
 桜井氏は第一声後、県南部を選挙カーで駆け回り、「野党統一候補の桜井です」とアピールした。
 幸福実現党新人の油井哲史氏(36)は青葉区の藤崎ファーストタワー館前で第一声に臨み、「憲法9条を改正し、真の主権国家として立ち上がる」と語った。


2016年06月23日木曜日


先頭に戻る