岩手のニュース

<参院選岩手>自公政権の是非問う

◎初日の攻防

 自民新人の田中真一候補は盛岡市で第一声を上げ、「自公政権こそが岩手復興と地方創生を成し遂げられる」とアピールした。花巻市などでマイクを握り、夜は北上市の2カ所で個人演説会をこなした。
 野党統一候補で無所属新人の木戸口英司候補も盛岡市で第一声。「改革を望む岩手の民意を国政に届け、安倍政権を打倒する」と訴えた。花巻、北上、奥州、一関の各市を回り、野党幹部らの応援を受けた。
 幸福実現新人の石川幹子候補は、盛岡市内7カ所で演説し「財政赤字を政府は謝罪すべきだ」と強調した。

 ◇立候補者 (1−3)
石川 幹子 51 幸福実現党員 諸新
田中 真一 49 党県支部長  自新=公推
木戸口英司 52 元知事秘書  無新=民・共・社・生推


2016年06月23日木曜日


先頭に戻る