秋田のニュース

<18歳選挙権>秋田大生「投票へ」新聞発行

18歳選挙権を特集した新聞を手渡す佐々木さん(右)

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられる参院選が公示された22日、秋田大の新聞サークル「AUP秋田大学報道局」は18歳選挙権を特集した新聞を発行した。
 特集は教育文化学部4年佐々木里帆さん(22)が企画。政治学が専門の教授に意義を聞いたほか、学内で10代の学生に「投票に行くか」「政治に関心があるか」などアンケートした結果を記事にまとめた。
 新聞はA4判1枚。80部印刷し、閲覧してもらうため学内の図書館や食堂のラックに配置した。新聞を読んだ工学資源学部4年乙黒将史さん(21)は「同世代が書いているので読みやすく、興味のある内容だ」と話した。
 佐々木さんは「新聞を読んだ学生が、投票に行ってみようと思うきっかけになればいい」と語った。


2016年06月23日木曜日


先頭に戻る