秋田のニュース

<参院選秋田>東京一極集中変える

まつうら・だいご 広島市出身。神戸学院大法学部卒。92年秋田放送に入社しアナウンサーとして勤務。07年に初当選。参院決算委理事。13年落選。旧民主党県連代表を経て、民進党県連代表。

◎初日の訴え/松浦大悟(46)民元=共・社推

 アベノミクスは地方に恩恵がない。東京一極集中の流れを変えるため、中小企業の社会保障の負担を軽減し、従業員の給料を上げていく。年金、介護、子育て、医療といった社会保障を国としてしっかり支えることが一番の成長戦略になる。農家への戸別補償制度も復活させたい。安全保障関連法などでも、国民の声を聞かない、自分勝手な政治が続いている。本当の民主主義を取り戻し、国民と共に進む政治を目指す。


2016年06月23日木曜日


先頭に戻る