福島のニュース

<参院選福島>暴走政治ストップへ

ましこ・てるひこ 郡山市出身。早大商学部卒。県議1期、衆院議員3期を経て07年補選で初当選。09年9月経済産業副大臣。14年9月参院国土交通委員会筆頭理事。

◎初日の訴え/増子輝彦(68)民現=社推

 5年3カ月たっても原発事故の爪痕は深く、県民にご負担をかけている。福島の復興再生へ命を懸けて頑張る覚悟だ。30年以内に除染廃棄物の中間貯蔵施設を建設し、最終処分場の場所にめどを付けたい。子どもの長期にわたる健康調査、風評被害対策も進める。戦後培ってきた平和を守らなければならない。武力行使で国際貢献はできない。暴走する安倍政治にストップをかけるため県民の統一候補として戦う。


2016年06月23日木曜日


先頭に戻る