宮城のニュース

<楽天>リーグ戦再開 本拠地ソフトB戦

パ・リーグ再開に向け練習するオコエら

 東北楽天は23日、仙台市のコボスタ宮城で、リーグ戦再開となる24日のソフトバンク戦に向けて全体練習をした。
 この日は雨のため、室内練習場でフリー打撃やノックに汗を流した。ソフトバンク戦から1軍に復帰する銀次や同戦に先発する則本昂大らが念入りに調整していた。
 交流戦では高卒3年目の内田靖人や新人のオコエ瑠偉ら若手が奮闘し、11勝7敗と勝ち越して5位に浮上した。首位を独走するソフトバンクなど上位チームとの差を縮めるため、梨田昌孝監督は「若手とベテランや中堅の融合が必要。全員で戦いたい」と語った。
 梨田監督は同日、左手骨折で戦列を離れている嶋と面会した。復帰時期について、「バットを振るときにまだしっくりこないと聞いたが、順調にいけば(7月中旬の)オールスターゲーム後になるだろう」と見通しを示した。


2016年06月24日金曜日


先頭に戻る