秋田のニュース

<参院選秋田>豊かな地域資源実感

西野晃さん

◎候補者こんな人/西野晃(39)=諸新

 「人のためになりたい」。その思いが、政治の道を志した原点だ。
 秋田の地から2回続けての参院選挑戦になる。秋田暮らしは計4年余り。「真面目な県民性があり、高齢者の知恵と経験は財産だ」と実感している。
 若い人の定住を促すため、働く場のさらなる確保が必要だと訴える。「秋田には可能性のある地域資源や企業がある。秋田港の活用を図ることで、貿易立県になることができる」と展望を描く。
 経済政策アベノミクスは「ブレーキとアクセルを踏んでいる状態」と指摘する。「金融政策や財政出動は評価するが、消費税は引き下げて、将来的には撤廃する。企業活動を阻害する規制の撤廃も必要だ」と訴える。
 尊敬する一人は発明家のトーマス・エジソン。「逆境に負けない姿勢がある」と称賛する。
 性格は「ポジティブで未来志向」と自己分析する。休日の楽しみは温泉巡り。「三度の食事より、温泉とサウナが大好き」と笑う。大館市で1人暮らし。


2016年06月24日金曜日


先頭に戻る