秋田のニュース

<参院選秋田>石井氏と松浦氏競る

◎東北6選挙区序盤情勢

 (1―3)13自 10自
西野  晃39幸福実現党員 諸 新
松浦 大悟46党県代表   民 元(1)(共・社推)
石井 浩郎52文科委員長  自(無)現(1)(公推)

 石井(自現)と松浦(民元)が激しく競る。大票田の秋田市と、環太平洋連携協定(TPP)に対する農業者の不満が強い県南部での戦いぶりが当落の鍵を握りそうだ。
 石井は出遅れ感があったものの、県選出の衆院議員らと全県を小まめに回り、着実に票を掘り起こしている。政権与党の強みを生かして企業や各種団体への働き掛けを強め、組織票を固める。
 街頭演説などでは野党共闘への批判を展開、党支持層や推薦を受けた公明支持層に浸透してきた。県北部で強みを発揮する一方、県南部では支持を固め切れていない。秋田市では無党派層の獲得に躍起。
 松浦は連合組織など民進支持層に着実に浸透してきた。推薦を受けた社民、共産支持層の取り込みも進み、共闘効果が表れつつある。県南部を地盤とする保守系の衆院議員が合流し、県南部での票の上乗せに力を入れる。
 民進をはじめ、野党各党の幹部が序盤から連日応援に入る。TPPの国会批准反対や安全保障関連法反対を訴え、農業者を中心とした保守層への食い込みを図る。
 西野(諸新)は独自の戦い。

◎名簿と情勢の見方

 文中敬称略。氏名(敬称略)は本名の漢字書き。芸名などが広く通用している場合は通称名を使用。年齢は投票日7月10日基準の満年齢。
 ▽選挙区 前回や前々回から改選数増減や合区の新設があれば選挙区名の下に表記した。選挙区名左のかっこ内は改選数、立候補者数。続いて前回2013年(13)、前々回10年(10)の当選者の党派名を得票順に記載した。立候補者の行は氏名、年齢、肩書、党派、自民党派閥、現元新別、当選回数。推薦・支持があれば文末に示した。立候補者の並べ方は届け出順。
 ▽比例代表 党派名の次のかっこ内はその立候補者数。続いて前回(13年)、前々回(10年)の当選者数。立候補者の行は氏名、年齢、肩書、自民党派閥、現元新別、当選回数。党派の並べ方は参院勢力順。政党要件を満たさない政治団体は届け出順。党派内の並べ方は届け出順。

 ▽党派の略称
自=自民党 民=民進党 公=公明党
共=共産党 お=おおさか維新の会
社=社民党
生=生活の党と山本太郎となかまたち 
日=日本のこころを大切にする党
改=新党改革 諸=諸派 無=無所属
2013年、10年当選者の「ミ」は民主党、「み」はみんなの党、13年当選者の「い」は日本維新の会。

 ▽自民党派閥略称
(細)=細田派 (額)=額賀派 (岸)=岸田派
(麻)=麻生派 (二)=二階派 (無)=無派閥
空白は所属未定。


2016年06月24日金曜日


先頭に戻る