山形のニュース

<参院選山形>舟山氏幅広く浸透

◎東北6選挙区序盤情勢

 (1―3)13自 10自
月野  薫61元会社社長  自 新(公推)
城取 良太39幸福実現党員 諸 新
舟山 康江50団体役員   無 元(1)(民・社推)

 舟山(無元)が先行し、月野(自新)が追っている。
 参院選4回目の舟山は、高い知名度を生かし幅広く浸透している。環太平洋連携協定(TPP)反対や安全保障法制廃止などを訴え、政権批判票の受け皿としての存在感をアピールする。県農協政治連盟(農政連)は自主投票を決めたが、農政通として農村部にも食い込んでいる。
 野党統一候補を旗印とする一方、共産は推薦を見送った。一体的な野党共闘には不安が残る。選挙戦では政党色を抑えた活動を展開し、無党派層の取り込みを図る。
 月野は党組織を挙げて、課題の知名度アップに力を注ぐ。県選出の国会議員や県議ら地方議員と共に各選挙区を回る。県内35市町村のうち25人の首長から支援を得たが、出身地の最上地域以外は伸び悩んでいる。全農出身だが、頼みの農業票をまとめ切れていない。推薦を受けた公明の支持層は固めつつある。
 党本部は序盤から連日、閣僚や党幹部を投入している。政権与党とのつながりを強調し、政策実行力の高さを訴える。
 城取(諸派)は広がりを欠く。

◎名簿と情勢の見方

 文中敬称略。氏名(敬称略)は本名の漢字書き。芸名などが広く通用している場合は通称名を使用。年齢は投票日7月10日基準の満年齢。
 ▽選挙区 前回や前々回から改選数増減や合区の新設があれば選挙区名の下に表記した。選挙区名左のかっこ内は改選数、立候補者数。続いて前回2013年(13)、前々回10年(10)の当選者の党派名を得票順に記載した。立候補者の行は氏名、年齢、肩書、党派、自民党派閥、現元新別、当選回数。推薦・支持があれば文末に示した。立候補者の並べ方は届け出順。
 ▽比例代表 党派名の次のかっこ内はその立候補者数。続いて前回(13年)、前々回(10年)の当選者数。立候補者の行は氏名、年齢、肩書、自民党派閥、現元新別、当選回数。党派の並べ方は参院勢力順。政党要件を満たさない政治団体は届け出順。党派内の並べ方は届け出順。

 ▽党派の略称
自=自民党 民=民進党 公=公明党
共=共産党 お=おおさか維新の会
社=社民党
生=生活の党と山本太郎となかまたち 
日=日本のこころを大切にする党
改=新党改革 諸=諸派 無=無所属
2013年、10年当選者の「ミ」は民主党、「み」はみんなの党、13年当選者の「い」は日本維新の会。

 ▽自民党派閥略称
(細)=細田派 (額)=額賀派 (岸)=岸田派
(麻)=麻生派 (二)=二階派 (無)=無派閥
空白は所属未定。


2016年06月24日金曜日


先頭に戻る