山形のニュース

築213年 かやぶき古民家の「お宝」度は…

築213年というかやぶき屋根の古民家=山形県米沢市

 ◇…山形県米沢市内に現存する築213年の古民家で、文化的価値や状態を調べる鑑定があった。
 ◇…かやぶき屋根の曲がり屋は、かつて米沢藩士の居宅だった。5年ほど前まで貸家だったが、東京に住む子孫が「価値の分かる人に譲り、家を残してほしい」と要望。古民家再生協会に鑑定を依頼し、売却計画を進めている。
 ◇…以前、地元の不動産屋が提示した額は数千円だった。所有者は「古民家」という付加価値に期待しながら、鑑定結果を待っている。(米沢)


関連ページ: 山形 社会

2016年06月24日金曜日


先頭に戻る