福島のニュース

<参院選福島>増子氏と岩城氏接戦

◎東北6選挙区序盤情勢

 (1―3)13自 10ミ自
岩城 光英66法相     自(細)現(3)(公推)
矢内 筆勝54幸福実現党員 諸 新
増子 輝彦68元経産副大臣 民 現(2)(社推)

 改選数が2から1に減り、現職同士がぶつかり合う。野党統一候補として3選を狙う増子(民現)がやや先行し、4選を目指す法相の岩城(自現)が組織力で激しく追い上げている。
 元経済産業副大臣の増子は、衆院議員も3期務めた知名度と培ってきた人脈を生かし、地盤の郡山市を中心とする中通りや会津で浸透。岩城が地盤とするいわき市など浜通りでも票の掘り起こしを目指す。
 原発事故からの復興加速に加え、安倍政権打倒や安全保障関連法廃止を訴える。支持団体の連合のほか、野党統一候補として共産、社民の県組織の全面支援を受ける。
 過去3度いずれも2位当選だった岩城は、個人後援会の弱さを補うため農業など業界団体による選対本部を初めて設置。県選出国会議員や県議が奔走し、各地で集会を重ねる。
 中間貯蔵施設整備など自公政権の復興実績を強調。党本部は最重点区に位置付け、安倍晋三首相は通常国会閉会後、2度福島入りした。閣僚級も大量投入し、無党派層への働き掛けを強める。公明とも連携する。
 原発事故からの風評払拭(ふっしょく)を訴える矢内(諸新)は広がりを欠く。

◎名簿と情勢の見方

 文中敬称略。氏名(敬称略)は本名の漢字書き。芸名などが広く通用している場合は通称名を使用。年齢は投票日7月10日基準の満年齢。
 ▽選挙区 前回や前々回から改選数増減や合区の新設があれば選挙区名の下に表記した。選挙区名左のかっこ内は改選数、立候補者数。続いて前回2013年(13)、前々回10年(10)の当選者の党派名を得票順に記載した。立候補者の行は氏名、年齢、肩書、党派、自民党派閥、現元新別、当選回数。推薦・支持があれば文末に示した。立候補者の並べ方は届け出順。
 ▽比例代表 党派名の次のかっこ内はその立候補者数。続いて前回(13年)、前々回(10年)の当選者数。立候補者の行は氏名、年齢、肩書、自民党派閥、現元新別、当選回数。党派の並べ方は参院勢力順。政党要件を満たさない政治団体は届け出順。党派内の並べ方は届け出順。

 ▽党派の略称
自=自民党 民=民進党 公=公明党
共=共産党 お=おおさか維新の会
社=社民党
生=生活の党と山本太郎となかまたち 
日=日本のこころを大切にする党
改=新党改革 諸=諸派 無=無所属
2013年、10年当選者の「ミ」は民主党、「み」はみんなの党、13年当選者の「い」は日本維新の会。

 ▽自民党派閥略称
(細)=細田派 (額)=額賀派 (岸)=岸田派
(麻)=麻生派 (二)=二階派 (無)=無派閥
空白は所属未定。


2016年06月24日金曜日


先頭に戻る