宮城のニュース

がん検診の結果200人分を誤送付 大和町

 宮城県大和町は24日、5月に実施した大腸がん検診の結果通知書200人分が、別の住民に誤送付されたと発表した。町によると、業務委託した県対がん協会が通知書を200人単位で印刷した際、宛名とずれた。
 住民からの問い合わせで22日に誤送付を確認。24日までに200人全員から回収し、正しい通知書を手渡した。浅野元・町長は「深くおわびする。チェックを強化し、再発防止に努めたい」との談話を出した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年06月25日土曜日


先頭に戻る