宮城のニュース

<楽天>美馬粘投 ソフトバンクに逆転勝ち

東北楽天―ソフトバンク 東北楽天先発の美馬=コボスタ宮城

 東北楽天が逆転勝ち。0−2の七回、ウィーラーの15号ソロ、代打枡田の2ランで試合をひっくり返した。八回はウィーラーの左前適時打で加点した。先発美馬は6回2/3を2失点と粘投。七回2死一、三塁を1球で切り抜けた2番手金刃が2勝目。九回を抑えた松井裕は15セーブ目を挙げた。
 ソフトバンクは好投していた先発東浜が突然崩れたのが誤算だった。

 東北楽天−ソフトバンク10回戦(ソフトバンク7勝2敗1分け、14時、楽天Koboスタジアム宮城、23,166人)

ソフトバンク100010000=2
東北楽天  00000031×=4
(勝)金刃22試合2勝
(S)松井裕31試合3敗15S
(敗)東浜10試合5勝1敗
(本)中村晃3号(1)(美馬)=5回、ウィーラー15号(1)(東浜)=7回、枡田1号(2)(東浜)=7回

☆梨田の話ダ

 ◇楽天らしくない 
 「(ソフトバンク戦の連敗は)非常に長かった。ウィーラーと枡田は絵に描いたような本塁打を打ってくれた。楽天らしくない本塁打で勝ち、非常に気分がいい」(七回の2本塁打で逆転勝ちし)

 ◇ふりだけでも 
 「新人の割に責任感が強いから、打てないと守りにも影響してしまう。チームが勝ったから、いい試練だと思ってほしい。負けたら落ち込まないといかんけどね。落ち込んだふりをしないと」(4打数無安打、2失策と攻守に精彩を欠いた茂木に)

☆イヌワシろっかーるーむ

<美馬学投手(七回途中2失点の粘投)>
 「状態はそんなに悪くなかった。腕は振れていたと思う。ただ、一回に簡単に点を取られてしまったのと、(五回の)本塁打がもったいなかった」

<礒部公一打撃コーチ(逆転本塁打の枡田に)>
 「初球からしっかり振れる代打は心強い。自分で考えて、いい準備をしているのが分かるから、ベンチも信頼して送り出せる」


2016年06月26日日曜日


先頭に戻る