青森のニュース

<六魂祭>八戸三社大祭初登場

東北六魂祭に初めて参加した八戸三社大祭の山車。パレードの先陣を切り、観客の拍手を浴びた=25日午後5時10分ごろ

 青森市で25日開幕した東北六魂祭には、東日本大震災で津波の被害を受けた八戸市から八戸三社大祭が初めて特別参加した。一方、メイン広場には熊本地震の被災地を応援するチャリティーグッズや特産品を販売したり、募金を呼び掛けたりするブースが設けられ、「災害に負けない」との思いをつないだ。
 パレードに登場した三社大祭の山車は「大漁豊作加護 福徳七福神」(幅8メートル、高さ10メートル、奥行き9メートル)。制作責任者の自営業菅原鉄也さん(37)は「津波の被害を受けた八戸の大漁や豊作を願うテーマを選んだ」と説明する。毎日仕事が終わった後、午後8時から午前3時まで制作に励んだという。
 「長横町粋組」から幼児や高校生を含む約100人が参加した。菅原さんは「被災地では多くの子どもが精神的に傷ついた。元気な姿を見てほしい」と話す。
 メイン広場の青い海公園に設置された日専連ホールディングス(青森市)のブースでは、熊本県のPRキャラクター「くまモン」のTシャツや熊本県の土産品を販売。収益金は全て熊本県に寄付されるという。
 担当者は「地震で大きな被害を受けた熊本に、応援する思いを届けたい」と話した。


関連ページ: 青森 社会

2016年06月26日日曜日


先頭に戻る