青森のニュース

<六魂祭>威勢と熱気 東北を一回り

夕暮れに浮かびあがるねぶた。3台が登場し、勢いある動きで沿道を沸かせた=25日午後7時10分ごろ、青森市長島2丁目

 東日本大震災の犠牲者の鎮魂と復興を祈る東北六魂祭(実行委員会主催)が25日、6県一巡の最後となる青森市で2日間の日程で開幕した。
 メインパレードは午後5時スタート。特別参加の八戸三社大祭を先頭に盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、仙台七夕まつり、福島わらじまつり、青森ねぶた祭が登場。秋田竿燈まつりの演舞を交え、中心部の約1キロを囃子(はやし)や掛け声に合わせ約1300人が練り歩いた。
 初日の人出は約17万人。26日のパレードは午後0時半に出発する。


関連ページ: 青森 社会

2016年06月26日日曜日


先頭に戻る