宮城のニュース

<楽天>藤田の好守光る

4回ソフトバンク1死、松田の打球を好捕した二塁手の藤田

 劣勢の展開の中、東北楽天の藤田一也が四、五回の2度にわたる好守で相手打線に立ちはだかった。
 四回には1死から松田宣浩が二塁右寄りへと打ったライナーを横っ跳びして好捕。直後、中村晃が安打しただけに、連打を阻止する形となった。五回は無死一、三塁、城所龍磨が放った右前へ抜けそうな一、二塁間へのゴロをしぶとく捕り、一塁送球でアウトに。三走の生還こそ許したが、この回を最少失点で切り抜けた。
 藤田らしい巧みな位置取りと好判断を発揮したが、「今日は負けたし、無安打だったので駄目です」と喜んだ様子はなかった。


2016年06月27日月曜日


先頭に戻る