宮城のニュース

<楽天>「勝負の分岐点」悔やまれる打撃

4回東北楽天1死二、三塁、後藤が空振り三振に倒れる。投手中田、捕手鶴岡(伊深剛撮影)

 三、四回で追い付き、勝ち越しても不思議でない場面があっただけに、一打を欠き、1得点しかできなかった打線が試合の流れを逃したようなものだ。
 三回無死一、二塁の反撃機、島内宏明が中田賢一の初球を打ち損じて遊ゴロ併殺となり、水を差した。島内は「後から思えば(右へ)引っ張る意識が必要だった」と好機を広げる打撃ができなかったと反省した。梨田昌孝監督は「上位で最も調子がいいのが島内だから打たせたが…」と狙いが外れた様子。
 さらに四回。岡島豪郎の適時打で1点差に迫った後の無死一、三塁の絶好機。銀次が鋭い二直で倒れ、後藤光尊、足立祐一が連続三振に。後藤への2球目の暴投で一走岡島が二進したため、二塁手が深めの守備位置に変えた場面が梨田監督には「勝負の分岐点」に見えた。「ゴロを打てば、同点にできた場面でそれさえできなかった」と悔やまれる場面だったという。
 五回途中から金刃憲人らを積極的に投入したが、逆転を待つ展開では救援陣もさすがに苦しい。八回に青山浩二が2ランを浴び4点差に広げられてほぼ勝敗が決した。
 勝率7割超の首位相手とはいえ、交流戦4位の勢いで迎えたリーグ再開カードを負け越した。梨田監督は「毎試合気持ちを変えていかないといけない」と自身に言い聞かせるように、次戦の巻き返しを期した。(浦響子)


2016年06月27日月曜日


先頭に戻る