宮城のニュース

<楽天>54年ぶり沖縄開催「暑さは気合で」

28日のオリックス戦先発登板に向けて練習する東北楽天・塩見

 東北楽天は28、29の両日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇でオリックス2連戦に臨む。1962年の阪急−大毎以来54年ぶりとなるパ・リーグ公式戦の沖縄県開催となる。
 27日は2戦に先発予定の塩見貴洋、釜田佳直両投手らが同球場で練習した。同日の那覇市は最高気温32.4度。初戦に登板する塩見はランニングやキャッチボールで大粒の汗を流した。「暑さに簡単に慣れることはない。気合で乗り切る」と意気込んだ。
 26日のソフトバンク戦(コボスタ宮城)で右手を負傷した茂木栄五郎内野手に代わり、哲朗内野手が合流。「打撃は上向いている。思い切りの良いプレーを見せたい」と力を込めた。また、小関翔太捕手が登録抹消され、武藤好貴投手が中継ぎ陣強化のため今季、初昇格する。

☆梨田の話ダ
<生まれてないよ>
 「54年ぶりの沖縄開催なの。びっくりだね。自分も生まれてないよ」(約半世紀ぶりの沖縄での公式戦開催におどけて。梨田昌孝監督は62歳)


2016年06月28日火曜日


先頭に戻る